書いたもの、あれこれ。

                                                Rev.2021/05/01

プリントアウトがほとんどとはいえ、字がもう少し上手ければ……

サークル【筆の会】では書道とペン字を練習しています。

⭐ ご経験は問いません。

⭐ 文字についてのお悩み、解決方法をみつけます。(毛筆・ペン字)  

       ★ペン字にはデスクペンを使用します。


-Are you interested in Japanese caligraphy ? Why don’t you start to practice ?  Off course, you don’t have to speak Japanese.

– If you speak English a little , you can take my lessen easier. It takes 90 min. (on Sat.)

-We have a break time in a lessen, about 20min. My caligraphy class, it’s a so small and not purpose to earn money. You may pay only materials cost .

Please contact me ,with E-mail and phone. When I’m not be there, please leave a message in recorder of phone. I need your name with spelling ,E-mail address and phone number. After listening your message and reading yours, I’ll send you a mail about details .


「 名前が上手く書けない」

「 何かやってみようかな…」

「癖字を直したい」

ふと思ったらご予約の上、体験レッスンへお越しください _φ(・_・

基本的に  90分   のお稽古です。

(準備、後片付けを含む。)

⚠️ 土曜日のお稽古に来れないのに、体験レッスンだけ受けたいという方は、申し訳ございませんがご遠慮ください。


◻️西宮北口駅最寄り

      阪急電鉄 西宮北口駅 南口 徒歩 2-3分

プレラにしのみや

         4階「ウェーブ」学習室  

プレラにしのみや1階  LAWSON店舗前に、利用可能な駐輪スペースと、地下(プレラにしのみや)に有料パーキングがございます。お買い物があるため西宮ガーデンズ駐車場を利用される方もいらっしゃいます。

2022年より少人数のグループ(クラスの分け)とし、受講クラス固定制度を取り入れました。

    書の教室  テキストを使用します。

年間購読8,800円、前納で随意の月から購読可能です。日本教育書道研究会発行

指導は机間巡回、個別指導(実技・添削)です。

欠席分は振替とし、空席のあるレッスンを受講頂けます。振替のご希望は空席をお問い合わせください。

なお、全欠席されても返金はございません。あしからずご了承ください。

欠席が継続しても運営費を納入くださっている場合は在籍としお手本を郵送します。習作を返送してくだされば添削してお返しいたします。

退会の意思表示がなく運営費納入もない場合、退会と見做し、お問い合わせのあった方に優先的に入会をご案内申し上げます。m(_ _)m

ご予約・お問い合わせ

携帯 090-4124-2940  

または    +819041242940

メール  mikan.box.7221@gmail.com

☆LINE アカウントにつきまして。

お問い合わせ後に友達追加させていただきます。筆の会 グループLINEもございます。体験お申し込み後などに、ご招待いたします。

電話番号で友達追加してくださっても、お問い合わせなのかセールスなのか分かりづらく無視することがあります。お手数ですがお問い合わせのメッセージである旨をお伝えください🙇


お稽古日程  月2~3回

第1~第4 土曜日   うち第2土曜日は予備日となります。

③12:30~14:00  Aグループ3名募集、未開設

④14:00~15:30  Bグループ満席

⑤15:30~17:00  Cグループ空きあり

テキスト購入者はAグループまたはBグループとし、月3回受講可。

購入なしの方はCグループとし、月2回受講となります。

ウェーブ利用区分変更により時間厳守を求められるようになります。

テーブル配置換えなどお手伝いをよろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

コロナの影響で利用制限があり、休講となる場合があります。

月によって実施日程に変動がありますが、約1~2ヵ月前に予定をお知らせ致しますm(_ _)m

【運営費】

月2回・¥3,000〜(支給品・消耗品込)

■体験お稽古にお越しになれそうな日程候補を2,3つ書いてメール送信してください。お電話でも大丈夫です。学習室の予約を取れたら、お稽古実施となります。あるいは、通常のお稽古に参加して頂きます。

どうしても当教室では曜日時間のご都合がつかないという方には他の先生のご連絡先をご紹介いたします。(尼崎市・西宮市・神戸市・大阪市)

ご予約・お問い合わせ 

携帯        090-4124-2940   

メール     mikan.box.7221@gmail.com

LINE       moca_shinohara  検索可能

指導者   篠村鳳春

よくある質問はトップメニューに「FAQ」を追加いたしました。通塾の方は必読です。

そちらをご参照くださいm(_ _)m

みなさん、こんにちは。暑くなりましたね。

4月14日から18日まで、これまでの不合格に性懲りも無く、極めて高いハードルの師範試験を受験いたしました。

今年の指定姓号は「香具山郭公」でした。受験者全員が、郭公さんです。ここ三回の試験うち、最も書きやすい名前で幸いでした。ちなみに 菖蒲池璃華 という昨年の姓号は最強最悪でした😅 書きやすい郭公さんでありましたが、作品に書く時は、焦りのためグタグタになってしまいました。

半切創作課題

梅下賽田鼓 壇邊伺肉鴉

春醪朝共飲 野老暮相譁

写真で作品を見直し、不合格のときの成績を見ながら自己採点しますと、640点/900満点。合格ラインにバラツキはもちろんありますが、680点は必要です。平均すると、1課題76点は欲しいところで、一位合格の点数は平均82点です。640点では不合格…… です。時間がないという焦りのために、普段できることができず、できてないところは変わらずできていないということになってしまいました。

倣書。落款の頭に「倣 王羲之」と書くべきところが抜け落ちてました。😱 これは、おそらく減点対象となります。以前の試験ではきちんと書いておりました。今回も「王羲之」は書きにくいと思いつつ、有名な能書家の名前は下準備をしました。なのに、作品を書く時は失念し飛ばしてしまいました。焦ると何をしでかすかわからないものです。

臨書。通常は〇〇臨 と落款に書くことが多いのですが、テキストの優秀作品には書いてあるものないもの、どちらもあり、省いても支障ないかと、書きませんでした。しかし、こちらももしかしたら減点対象かもしれません。

試験期間中、ずっと37.5度の微熱があり、しんどかったのですが、にゃんず🐈達の協力もあり兎に角、9課題を書き上げました。我慢に我慢をしてくれたにゃんずにはまず感謝しております。( ˆ꒳ˆ; ) ただ、小梅🐈‍⬛だけはずっと膝の上に座って寝ており、その状態で書くのは不自由でした。小梅に寝返りされると体が揺れ点画が歪み、その一枚は反古紙となるのでした。🥲

来年、受験される方は写真の作品で粗探しをして一助となさってください。良いところは見つからなくともこれは宜しくないという点は必ず見つけられます。😅 そこは真似しない、というだけでも減点は免れます。

試験のあと、直ぐにワクチン接種3回目を受けましたが、直後から発熱、38.9度が二日続きまして、4月14日からの約一週間は発熱週間となってしまいました。受験される方におかれましては、試験期間にむけて体調を万全に整えてください。

重なりますが、気温が高くなって参りましたし、夏の花粉症も始まります。みなさま、どうぞご自愛されますように。。。

篠村鳳春

みなさん、こんにちは。

Today, I went out to run an errand. At that time, cherry blossoms were blooming on the bank of a river called Mukogawa. The cherry blossoms were almost in full bloom, indicating the arrival of spring.

令和4年4月1日となりました。如何お過ごしでしょうか。

As I did last year, I parked my bicycle at the same spot and took a few pictures.

年度始まりの今日、昨年と同じ場所で満開の桜を見ることができました。

武庫川沿い、歩行者用専用道路。
Pedestrian street on the bank of a river called Mukogawa

あと2週間後に師範試験を控えぴりぴりしております( ˙꒳˙; ) 桜の花も流石にこの緊張には勝てず。。。

薄いピンクの花
🌸pink pink pink🌸

出来るだけの用意をと、文章の割付の練習をしたり、問題一式画届いたらあれしてこれして、、、と段取りをシミュレーションしたりしております。

風が強くてひらひらしていたので連写モードで。This picture was taken in continuous mode.Because the wind was making the cherry blossoms sway.

上手くはない写真ですが、おうちにいる方にお花見気分を少しでもお届けできたらと思います。

I hope these pictures will be of some use to those who don’t plan to go cherry blossom viewing.

May the war in Ukraine end soon.

篠村鳳春

みなさん、こんにちは。あれよあれよという間に師走となり既に5日となりました。いかがお過ごしでしょうか。クリスマスの飾り付けを済まされた方も多いかもしれませんね。

関西でも冷たい強風が吹く日があって、冬だなぁと実感する所以です。それだけではありません。うちにいる保護猫たち、ローテーブルに天板を足し炬燵仕様にしたのですが、中に敷いたホットクッションに集まるようになりました。

こちらのブログ、月一回は投稿しようと思いながら結局目標は達成できませんでした。来年は何とかクリアしたいものです。

新型コロナウイルスだけが要因ではありませんでしょうけれど、教室に通ってくださる生徒さんの数がどんと落ち込みました。落ち込んだままです。

感染予防、蔓延防止のため不要不急の外出を避ける。このことは、書道に限らず習い事全般に大きく影響したと思います。人々の心は疲弊して習い事どころではなくなった時期も長く続いているようにも感じます。

なくても困らないですが、あれば心のゆとり、潤いとなる得る習い事を始めとしましたあれこれを再開できたらと願います。

教室に関してですが、利用している公民館に近い性質の学習室は、蔓延防止措置のため夜間に利用制限がかかるのはもちろん、定員数も半減される活動内容もあります。部屋の作りに寄っては活動内容を問わず半減の所もあります。

予約は抽選順番制のため必ずしも早く会場に着いたからといって希望通りに予約が出来るわけではありません。レストランの混雑時に受付で名前を記入しますが、同じように到着しましたらまず受付表に記入します。

記入した順番でくじ引きとなりますが、例えば6番でくじを引いても予約順15番という結果もしばしばです。到着順と同じかそれより繰り上がった順番はなかなか引けません。(´・ω・`;)

そんな事情のため、秋頃からは4人以下のみ利用可という狭い学習室を借り、クラス分けをしっかりするように変更致しました。

①クラス 14:00~15:30

②クラス 15:30~17:00

③クラス 18:00~19:30

④クラス 19:30~21:00

12月は日の入りが早いため暫定ですが15分繰り上げております。クラス入れ替えの時間を設けておりませんので、片付けにかかる時間を見越して練習していただく必要がございます。

そもそも、限られた時間の中で何かを行うとき、時間の割り振りを考慮して実施するというのは日常でも大切なことと存じます。

変更点としてもう一つ実施したいことがございます。テキスト(競書雑誌)購入のお願いです。現状はテキストを購入せず、当方の準備したお手本を利用している方がほとんどです。本来でしたら、きちんと編集整備された「書の教室」を学習して頂きたいのです。(二玄社、天来書院等の古典シリーズ持ち込みでも構いません)

著作権保護ということもありまして、テキストを気軽にコピーし配布することはいたしかねます。そのため、私が拙いお手本を揮毫しそのコピーを簡単な解説のみでお渡しする状況が続いております。

学習すべき古典や古筆の写真と参考手本、その解説記事が掲載されております、「書の教室」はいろいろ調べた中で最良と判断しております。受験料は必要ですが、段位認定制度も整備されております。新級から1級までは認定に費用は発生しません。

15~16種の豊富な参考手本と購読者の優秀作品、日展を始め大きな展覧会で入賞された青潮書道会の先生方の作品もその時節には掲載されます。

豊富な参考手本のなかで、実際のお稽古で使うものは数が限定されるため、「もったいない、購読価格が高すぎる」というご意見が多く、未購読となっており、たいへん遺憾に存じます。

ご自宅で各書体を基本練習とした上で、お好きな課題をしっかりと練習していただくのが最善なのです。回りくどいようですが、書きたいように書くためにはしっかりした下地、土台が必要となります。それを作るには古典古筆の学習は欠かすことのできないものなのです。普段ポールペンで書くちょっとした文言も、古典学習という下地や土台があってこそ美しく書けるようになるものなのです。

限られたお稽古時間の中、このような説明をすることもなかなかむずかしく、今に至っております。

来年2022年1月からは、新たに入会される方にはテキスト購入をして頂くことを大前提にしたく存じます。法的な強制力はございませんが、、、 もちろん、既存の生徒さんにも購入して頂きたくこの場を借りてお願い申し上げます。

テキスト代金をどうしても払いたくない、テキストは不要だとご納得頂けない方には、たいへん残念ではございますが他の教室をお探し頂かなくてはなりません。ご紹介できる教室としましては尼崎市(谷中雪桑先生)、伊丹市(幸地正竹先生)となります。

年末に向けて何方様もいよいよお忙しくなられることと思いますので、呉々ご自愛くださいませ。

篠村鳳春


■書の教室(毛筆・一般硬筆の競書雑誌約70ページ) 日本教育書道研究会 (青潮書道会) 以下にリンクを張っております。

こちら 書の教室 日本教育書道研究会

年間12冊前納、割引価格 8,800円

半年6冊購入、前納、割引なし、4,800円

■「ペンの教室」(ペン字のみ)は、書の教室の半額ですが、筆の会では、ペンの教室用選定用紙はご用意しておらず、個人さまでご購入頂くこととなります。「書の教室」の一般硬筆課題向け選定用紙は支給品としてお渡ししております。

I went with a friend to see the autumn leaves.

Zuishin-in,World Heritage Site, Tenryuji Temple, Nin-naji Temple.

みなさん、こんにちは。

機会がありまして京都嵯峨野嵐山方面へ出かけました。

小野小町ゆかりの随心院。

「はなのいろはうつりにけりなわがみよにふるながめせしまに」

と、小町の歌が仮名散らし書き風に石碑に刻まれていました。石碑を撮影したもののハレーションが酷く見れたものではありませんでした。

随心院 本堂内

梅匂小町絵図 現代の作品です。
随心院 雑誌モデルの新郎新婦さんが右端柱の隣りでポージングされてました。
陽光に照らされた紅葉は本当に綺麗です。

下鴨神社、糺の森。

樹齢100年を越す大木が立ち並ぶ糺の森。風に吹いて枝が揺れ、擦れる音が立ちとても印象的でした。また、緑、黄色、朱色、赤色のグラデーションが綺麗です。

世界遺産、天龍寺。

池泉回遊式。丘も作られており、高低差のある庭園。錦鯉も泳いでます。手前には箒で整えられた白い玉砂利がありましたが、観光客が多く画角に入れられず残念。

背の高い木々とは趣の異なる低木の紅葉、
参詣道を彩ります。

世界遺産、仁和寺はこの日、ツアー会社貸切。

仁和寺は皇子皇孫の寺院、関連の建物を含めると24万坪の敷地だそうです。鎮護、護国が目的であり、江戸時代になってから時期限定で庶民に解放されたそうです。僧侶の方から10分ほどの説明があり勉強になりました。

山門から二王門をくぐり、遠くに見える本殿に向かい撮影したもの。二王は持国天「北」と多聞天「東」で、それぞれ二人の眷属を連れ邪鬼を踏んでした。
仁和寺 経蔵 撮影用ライトアップ完備
鏡を張ったテーブルがおいてあり、池に映りこんだかのように撮影できるしかけ。
仁和寺五重塔。天辺の法輪にもライトアップが。応仁の乱で仁和寺が焼け落ち江戸時代に再建後、およそ380年を経た現在。
五重塔の地盤沈下はわずか9cm、芯柱による階層構造建築物で硬い地盤の上にあるからだとか。

嵐山、渡月橋から。

桂川の水の冷たさに負けず、鴨や鷺が。風に水面がさわさわと揺れ輝いて綺麗でした。
山並みの遠景の紅葉は実際はもっと鮮やかです。

随心院、天龍寺、仁和寺など寺院には達筆の石碑がいくつか見られました。書道をしているのであるていど読めますが、五言絶句はさっと読み下し文にはできませんでした( ˙꒳˙; )

お天気にめぐまれ、自宅を出てから帰宅まで、15時間のリフレッシュ休暇旅行となりました。

夕方16時頃からは嵯峨野トロッコ列車に乗車。車窓からの紅葉狩りを楽しみました。ライトアップされている場所、保津川下りの名所では運転手さんが停車してくれるサービスもありました。

しかし、この時間帯には、残念ながらiPhone7のバッテリーは1%となり、トロッコの動画も静止画も諦め、最後の仁和寺(19PM〜)に取っておきました。

随心院、下鴨神社は比較的空いてましたが、嵐山、天龍寺は修学旅行生も観光客もたくさん。嵐山のおみやげ物店が並ぶ通りでは、レンタル着物姿のカップルや友達同士もたくさん歩いてました。

コロナ禍を忘れる各観光地でした。

写真でお楽しみいただけたなら、幸いです。

朝晩はほんとうに寒くなりました、呉々ご自愛くださいませm(*_ _)m

篠村

右から ①A課題75点 ②B課題74点 ③創作75点
条幅漢字部門
①A課題(岡田契雪師) ②B課題(王鐸・糸見溪南師) ③創作(活字出題)
18名ほど合格、最下位での通過。
同点の方がいるようす。

みなさん、こんにちは。秋めいてきましたね。

やっと、昇段試験の成績が届きました。見返してもやはり、創作や王鐸の臨書は特に下手です。ですので、これらのダメなところを直せばこれ以上の点数が取れると考えて、来年受験される方はご参考にされてください。

岡田先生のA課題はそっくりに書いたようでも、実際は書けてないですし、高得点を狙うならば、お手本以上のものを要求されるている気が致しました。

臨書に関しましては、課題としてテキスト掲載されているお手本ではなく、原帖から集字して書いております。創作は王鐸からの集字です。文字群と、文字群の接続が悪く、そこでいちいち途切れ縦の流れが止まっているのがよくみてとれます。書いてる最中はなかなか気づかないものです。^^;

右端の課題、僅かに変えたものを前回の青潮書道会全国展に出品しまして、結果、特選でした。点数にするとこのレベルであったかと、入賞できなかったことは仕方ないと頷きました。

今年は秋の間に仕上げてしまいたい、と、半切作品を書いておりましたが、9月10日以降はある事情ができて筆がまったく止まっています。

実は一緒に暮らしているネコ達のうち男の子一匹がうちを抜け出し行方不明になってしまいました。たいへん心配な日々が続きます。同居の先輩ネコに敗北してそのままベランダから下りてしまったようなのです。

タイミングが悪く、ワクチンによる高熱で寝込んでいる間の出来事でした。自力で帰って来ると信じ、毎日名前を呼び掛けながら3ブロック先まで徒歩でゆっくり歩いて回っています。

この件で全国展のみならず、月例の課題も全く手につかなくなっておりましたが、熱が下がった9月24日には、高野切三種の臨書を少しできる程度に落ち着きました。

文字を書くという行為には、心情が真に大きな影響を与えるものと改めて思い知ることになりました。

熱のためおやすみしていた書道教室も明日は開講です。生徒さん達に10月課題をお渡し、9月課題の仕上げにとりかかって頂きたいと思います。

この時期、案外と風邪を引きやすい気が致します。みなさん、ご自愛くださいませ。

篠村鳳春

I’m going to add a few English sentences for the overseas readers who always send me ✩Good without understanding the contents.

InJapanese calligraphy, there is always a Dan promotion test. The highest rank in any calligraphy organization is 8-Dan.
The Dan promotion test is like a test to see how good you are. It’s a way to maintain motivation, and it’s also a way to train myself to write more works. It is quite difficult to keep practicing a little bit every day. That’s why we use the dan promotion exam as an opportunity to polish our skills.

縦の流れ、行の呼応の見直し

みなさん、こんにちは。暑さもまだまだ続きますし、コロナの影響で対面のお稽古もやりづらい状況が続きます。体調は大丈夫でしょうか。

恒例の特別昇段試験の7月となりました。手紙文か条幅漢、どちらを受験しようと悩んだすえ、試験成績(師範推挙試験)の悪かった条幅にしました。

王鐸 擬山園帖 臨書課題 練習中のもの。
拓本から作りなおしました。
もちろん糸見先生の臨書作品の
お手本を参考にしながら。
創作のための集字 【王鐸】
ibisPaint X使用
集字とは違い上手く書けません。。。。

本日2021/08/03 やっとなんとか合格できるかな? と疑問符は取り払えませんが、3課題揃えました。

写真はまだ投稿できませんので、後日アップしたいと思います。

みなさん、くれぐれご自愛ください。

篠村鳳春

みなさん、こんにちは。

ダメ押し、成績表が届きました。小文字とペン字が、80点を割り込み少なからずショックでした。この二つでマイナス14点だからです。

53位、659点離合格まで、10点届かず。昨年と比較しでも、大きな意味は無いものの、
行書-6、隷書-5、創作-3、
小文字-6、ペン字-7 これらは痛い!

誤字が多かったので、出来の悪さに加え減点も響き昨年より21点も下がりました。点数が上がっ他のは、倣書と手紙文で、各3点アップ。手紙文については段位が、五から六になったからと想像しております。倣書は誤字もありながらなのに、78点というのはびっくりです。

合格ラインは昨年の681点よりさがり、669点でした。篠村は659点で、10点足りませんでした。

今回は隷書62点と最低でした。倣書は昨年より3点アップの78点。
ロール紙に書く小文字とペン字
創作半切、小文字と同じ漢詩です。
和 は旧字体 口禾 を使っています

受験を考えている方々のご参考になれば幸いです。あれこれ作品の粗を探してください。(^^;

篠村

こんにちは、みなさん。

朝の不合格の知らせに疲れながら、7月のペン字課題のお手本を2種、書き上げました。5月号の課題、集字創作は前回に続き佳作に入りました。

風 の文字、位置が高すぎ、小さい。
全体に墨量が少なくひょろっとしています。
縦画はもっと重厚に書かねばなりません。
松尾芭蕉
Sir C.S.Chaplin の言葉

コロナの関係で、対面でのお稽古が出来ませんので、月末までに届くように生徒さん達にお手本を郵送します。質よりとにかく締切遵守です(^^;

テキストの購入者であれば、解説など書き込んでコピーを送ってしまえば、とりあえず要件は済みます。著作権侵害にはなりません。

年間8800円のテキストを購入して練習せよというのは難しいのです。習う方が必要としているお手本がそのなかにひとつふたつしかないというのが、主な理由です。

しかし、失礼な物言いとなりますが、それは素人考えであり、あれもこれもやって漸く基本が身につくのです。書画同源という言葉も同じようなことを示しています。書の用筆が出来るようになったら、水墨画に必要な用筆ができるという具合です。

一冊のなかに、各書体五体はもちろん、仮名、水墨画、篆刻、創作などさまざま課題や、先生方の作品、購入者の優秀作品が掲載されています。

師範を目指すような場合、大前提としてざっと数えて5部門の課題を練習しつづけなければ、受験資格さえ取れません。

五段以下の方には古典から、半紙と半切にレイアウトし直された参考手本がある訳で、時短にもなりかなり役に立つわけです。

六段以上は活字での課題になるので、字典で集字して半紙や半切への布置章法は自らの手でデザインするか、あるいは師匠に教示してもらいます。

テキストは競書雑誌であり、出品は3課題までなのですが、実際はもっと沢山書いています。特に上を目指す多くの方はたくさんの練習をして、そのことを口に出しません。とても謙虚なのです。

楷書、行書、草書、手紙文、仮名散らし、漢字条幅、仮名条幅、調和体、集字創作、実用書、小字古筆、ペン字、、、、

篠村は普段これらのなかから、好きなものと下手なものを選択して重点的に書きますが、不合格の事実が示すように、まだまだです。

六段を三種、七段を二種、取得しており、受験資格保有者となりましても、師範八段は山ひとつ向こう側だと実感させられました。謙虚に、もっと謙虚になって勉強しなければなりません。

話が逸れましたが、とにかく、生徒さんの為のお手本を書くというのは普段の良い練習となります。ただ、テキスト到着から1~2日後に発送するという期間が短いことがなかなかたいへんです。自分が決めたルールで首を締めることになっております。(^^;

自分で決めたルールは曲げにくいものですね。

篠村鳳春

みなさん、こんにちは。

昼の配達便でテキストがとどきました。やはり、合格者名に自分のなまえはありませんでした。全国で35名(漢字部門)の合格された皆様、ご立派です。おめでとうございます。

成績表は遅れて郵送されます。追って、成績表と作品と双方を投稿したいと思います。

毎回、他の受験される方の参考になればと投稿しております。が、自分への戒めでもあります。

再びどっと疲れました。不合格だったみなさん、また頑張りましょう。

篠村鳳春

みなさん、こんにちは。

春に受けた師範推挙試験、誤字が多かった上に出来栄えそのものもよろしくなかったので不合格を確信し一度心が折れました。何とか立ち直ったのですが、合格者の名前欄に自分の名前がないテキスト7月号が届くのを2ヶ月の間待つというのは、かなり疲れました。

今日2021/06/21か、明日には心が再びポキッと折れているかもしれません……

そんな訳で、絵に逃げました。大人の塗り絵、アプリになっているものです。色彩はデジタル設計されており、各エリアに数字が振ってあります。数字は色を指定するものです。エリアを指定された数字のカラーでひたすら埋めていくものです。

極めて狭い面積のエリアもあり、塗り忘れたり、見落としたりで、「塗ってないところはどこどこ?」となります。塗り終えた色はパレット上でチェック印に変わります。全ての色をチェック印にするまで以外と時間がかかります。

複雑な絵ではどうしても1~2色が残ってしまい、小さな小さな、まだ色の入ってないエリアを見つけるためピンチアウトして探してまわります。目が乾いていくのが分かります。

驚いたのは、ぬりつぶした工程がアニメになって、保存出来ることでした。それを知ってからはアニメにした時、美しく見えるように順番を考えながら塗るように変更しました。

塗り絵の工程がわかる! ただ、メモリをたくさん消費するアプリで非力なiPhoneでは度々クラッシュしました。

不合格から逃げるため、この数日はかなり描きました。

小さいエリアの中に別の色をブレンドするタイプの下絵は完成すると綺麗な色に見えます。
これも色のブレンドのあるもの。アニメにする時を考えて塗り方の順序を考得られないくらい複雑だったものです。

描いたものをiPhone7でムービーにしてみました。23~24秒程度で、一部の絵は全体が画面に入り切ってないですが(^^;

順番を好きに入れ替え出来ないのが残念

テキストが届いたら、スタイラスペンからお筆に持ち替えて精進します。次月号のお手本を揮毫し、生徒さんに発送します。また、自身の創作課題も集字してデザインしないといけません。

みなさんも、気分転換は適度に行いましょう。

コロナ感染、みんなで気をつけて蔓延を防止しましょう。

篠村鳳春